履歴 - Piano Duo Tsuyuki & Rosenboom

ENG   DEU   JAP
Go to content

Main menu:

履歴

Piano Duo Tsuyuki & Rosenboom
ピアノデュオ ツユキ&ローゼンボーム

2009年ドイツでハノーファー音楽大学(Hochschule für Musik Theater und Medien Hannover)在学中の露木智恵とミヒャエル・ローゼンボームによって結成される。 ソロ国家演奏家コース終了後、ベルント.ゲツケ教授のもとでデュオとして同大学室内楽国家演奏家コースで研鑽を積む。
2010年東京で開催された第16回国際ピアノデュオコンクールにおいて一位受賞後、ドイツで最も幅広く開催されているコンサートシリーズ(Weltklassik am Klavier)からの誘いを受け、ドイツ各地で数多くのリサイタルを開くようになる他、ドイツを拠点に国際的コンサート活動を始める。2011年にはロンドンのSt. Martin in the Fields(セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)での連弾リサイタルや、北ドイツ放送(NDR)生中継100回目記念コンサートに二台ピアノで出演するなど注目を集めるようになった。その後2012年にはアメリカ、シカゴでデュオの2台ピアノのリサイタルがラジオ放送(WFMT)され、またドイツではクリストフ=マティアス・ミュラー氏指揮のもとゲッティンゲン交響楽団とプーランク“2台のピアノとオーケストラのための協奏曲”で共演、ドイツの有名俳優クリスチアン・クヴァットフリーク氏とサン・サーンス“動物の謝肉祭”を共演するなど幅広い聴衆に知られるようになる。コンクール受賞歴には、2010年ロンドン国際音楽コンクール入賞(イギリス)、東京国際ピアノデュオコンクールでの第一位とカワイ賞受賞(日本)、2011年シカゴ国際リスト200ピアノデュオコンクール第二位(アメリカ)、2013年ピエトロ・アルジェント国際音楽コンクール室内楽部門第一位(イタリア)、2014年オスロの国際ピアノデュオコンクール“Grieg á deux”での第一位とグリーグ賞受賞(ノルウェイ)などが挙げられる。
デュオのレパートリーは連弾から二台ピアノまでオリジナル作品の他、数々のあまりコンサートホールでは知れ渡っていない交響曲や室内楽曲の編曲作品や、現代作曲家の作品の初演も含め、古典から現代作品に渡るの幅広いレパートリーの研究に努めている。また近年では独自のピアノデュオの為の編曲も手掛け、想像力に富んだピアノデュオ編成ならではの表現力を生かしたしたユニークな編曲作品をドイツ各地で発表し、批評家からも「魔術のようなパフォーマンス」、「響板から放たれる壮大なサウンド」と絶賛を集めている。2015年アメリカ・シカゴにて開催されたピアノデュオフェスティバルにゲストアーティストとして招待され、独自の連弾の為の編曲作品リストの“死の舞踏”をプログラムに組んだデュオリサイタルと公開レッスンを披露し高い評価を得る。2016年には南アメリカのクラシック音楽専門チャンネル"Allegro HD"より南米各国でデュオの演奏と編曲活動の特集が放送され、その他にもアメリカのオドラデク・レコードからデビューCDを発表、日本では2017年リリースされ、国際的に好評を得ている
現在、ドイツ・ハノーバー在住
©2018 TSUYUKI & ROSENBOOM All rights reserved
Back to content | Back to main menu